プロフィール

ベルリン芸大教授

ビョルン・レーマン

ベルリン芸大教授としても活躍するピアニスト、B.レーマンは、ハンブルグ音大を経てベルリン芸大、同大学院を修了(K.ヘルヴィヒ氏に師事)、在学中よりヨーロッパ、アジア、南米などで活発な演奏活動を行う。ライプツィヒ・バッハ音楽祭、ランス国際音楽祭、ラインガウ音楽祭など著名な音楽祭に多数招かれている他、ミュンヘン・ガスタイク、ベルリン・コンツェルトハウス、プラハ・フィルハーモニーなどにも出演。S.ヤフェー、M.ニコシュ、S.ピカー各氏など著名な演奏家や、ベルリンフィルのメンバーとも定期的に共演。高橋礼恵とのピアノデュオ「Duo Takahashi|Lehmann」でも活発に活動している。MusicAlp音楽祭マスタークラス、ヨーロッパピアノ指導者協会やヨンセイ大学(韓国)での公開講座など、教育活動も国際的に行っている。

バロック、古典派、シューベルト、シューマン、ブラームスなどのドイツロマン派、シェーンベルク、ベルクなどの新ウィーン楽派、また現代音楽の演奏、解釈には特に定評がある。また、豊富な室内楽の経験から、アンサンブルの指導でも好評を得ている。

ピアニスト

高橋礼恵

桐朋音大を首席で卒業後、ベルリン芸大、同大学院を修了(K.ヘルヴィヒ氏に師事)、現在ベルリンを拠点に活発な演奏活動を行っている。日本音コン2位、ボン・ベートーヴェン国際コン2位、エリザベート王妃コンファイナリスト、シューベルトと現代音楽国際コン第1位など受賞多数。ルール・ピアノフェスティバル、カッセル音楽祭など多くの国際音楽祭へ出演の他、プラハ放響、新日フィル、読響、仙台フィルなどオーケストラとの共演も多い。

J.モーザー、V.ハーグナー、赤坂智子各氏など国際的な音楽家との共演も多い。MusicAlp国際音楽祭、ギムへ音楽祭(韓国)、中国、および日本各地での公開レッスンなど指導にも意欲的に取り組む。

ベートーヴェン演奏には特に定評があり、ディアべリ変奏曲を含む様々なベートーヴェン・プログラムでリサイタルを行うほか、チェロソナタ全曲、コンチェルト全曲などもレパートリーに持つ。また、「リスト・ピアノ作品集」がレコード芸術特選盤を受賞するなど、ロマン派の演奏でも評価が高い。

 


PianoDuo TAKAHASHI | LEHMANN

ピアノデュオ Takahashi|Lehmannは、2009年にベルリン在住のピアニスト、高橋礼恵とビョルン・レーマンによって結成された。両者ともベルリン芸大でK.ヘルヴィヒ氏の元で研鑽を積む。結成直後より活発な演奏活動を行い、その活動はドイツを始めヨーロッパ諸国、韓国、日本などに及ぶ。また、MusicAlp音楽祭(フランス)、ギムへ国際音楽祭(韓国)、アレグロフェスティバル(ドイツ)などでも演奏している。

これまで 3枚のCDをリリースし、それぞれ「レコード芸術」特選盤、読売新聞紙上で特選盤、FonoForum(独)特選盤など高い評価を得ている。また、2017年秋の白寿ホールでのコンサートの模様はNHK-BSでも放映されている。

お問合わせ

 

PIANO DUO TAKAHASHI LEHMANNの公式HP♪

http://www.takahashi-lehmann.com/

 

高橋礼恵先生の公式HP♪

http://www.norietakahashi.com/

 

 

Piano Atelier Berlin Tokyoの

Facebookページはこちら♪